印象アップコラム

TOP 印象アップコラム もう歳だからとピンク色を敬遠していませんか?...

もう歳だからとピンク色を敬遠していませんか?

2018.04.17

 

大人の女性はアンチエイジング効果のある
ピンクを着ましょう

と言うけれど、ホント?

 

 

アンチエイジング効果はあります

 

色は波動の一種ですので、
ピンクを着ているだけ、観ているだけでも、

 

無意識に、筋肉が弛緩していき、

表情がフワッと柔らかくなり、
血管が拡張し、
血液の循環が良くなることで
血色も良くなり、
ホルモンバランスが整い、
お顔色も良くなり、
これらが若返り効果や
アンチエイジング効果と言われているのです。

 

例えば
桜の花などを眺めていると、

「きれい」 と、

お顔の筋肉がフワッと緩むのを実感できると思います。

(桜やピンクに嫌な思い出がある方は除く)

 

「もう歳だからピンクなんて」

などと
抵抗がある方もいらっしゃいますが、

歳だからと、

黒やグレー、茶色などの地味な色ばかり着ていると、

老けて
暗い
地味

不幸せそう

そういうふうに見え、
イメージも伴ってしまいます。

そして
実は見えているだけでなく、

 

あの人というと〇色

イメージカラーが、暗く不幸せそうなら、

自ら幸せを呼び込むパワーを
遠ざけてしまっていることにもなるのです。

 

現状が幸せなら問題ありませんが、

 

「もっと楽しく、幸せハッピーになりたい」

 

とう方は、ピンクカラーを意識的にとりいれていきましょう。

 

 

色は波動。

愛と相手を思いやる気持ちを色に込めて

 

<ピンクのメッセージ効果>
愛、優しさ、女性らしさ、幸福感・・・

 

その日に会う人と話しをするときには
相手に見える位置に
コーディネートでとり入れるのがベスト。

 

相手の心もふわっと柔らかくなり、
優しい言葉も出やすくなりますよ。

 

愛をささやきあったり、

 

ゴメンね、、、と
普段言えないひとことが
言えたり、言われたり、

 

甘えてみたり、甘えられたり、
おねだりを聞き入れてもらえたり。

 

 

ピンクに抵抗がある方は、
スカートやパンツ、スカーフなどから
取り入れてみるのをおススメ致します。

 

最初は抵抗があっても
徐々に慣れてくるものです。

 

 

女性は年齢に関係なく、
いつまでも可愛らしさを大切にしたいものですね。

幸せを呼び込むピンクカラーコーディネート

 

ピンクと一言でいっても
どんなピンクがいいのか?

「パーソナルカラーってあるらしいのよ」

そんな会話も楽しいものですよ。

 

 

 

 

(一社)日本ビジョン研究所代表理事
キーカラービジョン
藤山 喜美子(とうやま きみこ)

お問い合わせ
Copyright 2017 Keycolor Vision All Rights Reserved.